てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

覚悟を持って人の行かない道を歩むアンガールズ田中の強さ

公開日: 更新日:

「芸能界っていうのは、人がやりたがらないところに鉱脈があるのよ」(田中卓志/テレビ東京「ゴッドタン」4月24日放送)

 近年では、芸人やタレントの面白さや処世術を解説するような「批評芸」でも注目を浴びるアンガールズの田中卓志(45)。そんな彼がタレントの悩みを勝手に推察し、それを勝手に解決するという企画で、悩めるタレントたちへ送ったアドバイスのひとつが今週の言葉だ。

 そもそも、田中の「批評芸」が注目されるきっかけになったのは「そろそろ にちようチャップリン」(テレビ東京)だった。スピードワゴンの井戸田潤とともに審査員をやってほしいと言われ、最初は「キングオブコント」(TBS)など賞レースで優勝経験もない自分が審査をするのはどうかと躊躇した。だが、数多くのネタを書いてきた経験上、そのネタの何が難しくて、何が新しい発見だということは分かる。それだったら言えると思って引き受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  5. 5

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    連日ウソばかり 橋本聖子会長が自己崩壊しない摩訶不思議

もっと見る