池内ひろ美
著者のコラム一覧
池内ひろ美家族問題評論家

1961年、岡山県生まれ。自身の離婚をきっかけに、人生をリストラクチャー(再構築)するため前向きに選択する離婚を「リストラ離婚 妻が・夫を・捨てたわけ (講談社文庫)」と名づけて上梓。以降著書は31作に及ぶ、夫婦・家族問題評論家の草分け的存在。現在、ガールパワー代表理事、家族メンター協会代表理事、内閣府後援女性活躍推進委員会理事をつとめる。

欲しいものを次々と手に入れていく“松田聖子的”な生き方

公開日: 更新日:

 日本一のアイドル松田聖子中森明菜とは陰と陽で比較され、これまで数多く論じられてきましたが、私はユーミンとの対比のほうが興味深いと思います。九州・久留米から上京、アカ抜けない部分のあった松田聖子さん。一方、六本木の名店「キャンティ」に14歳で足しげく通うほど、すでに洗練されていたユーミン。当時の田舎には、キャンティのように大人に交じって刺激を得られる店は存在せず、福岡出身の聖子さんがデビュー後に都会的な憧れを次々と手に入れていく様子は見ていて心地よいものでした。当時、地方に住む女の子たちは東京という街に憧れていて、女性に大流行した「聖子ちゃんカット」も含め、松田聖子はその象徴だったともいえます。

 郷ひろみに憧れてデビューした2年目の1981年には、郷ひろみを手に入れます。更に、破局が報じられた1カ月後には神田正輝と、バブル時代のはじまりに「聖輝の結婚」と称せられる華やかな挙式披露宴(85年)を行います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る