桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

明日海りおはドラマで快進撃 存在感増す元宝塚トップたち

公開日: 更新日:

 昨今、宝塚の元トップスターの活躍がめざましく、ファンとしてはうれしい限り。これまでは退団後も舞台を中心に活動する人が多く、知る人ぞ知る存在にとどまっていたが、ここにきてテレビでの露出も増え、知名度も格段にアップしている。

■明日海りおはドラマで快進撃!

 勢いがあるのが元花組トップの明日海りお。宝塚時代はザ・男役というよりもどこか中性的でフェアリーなイメージが強い。2018年に舞台化は不可能と思われた萩尾望都の「ポーの一族」を宝塚で上演した際、主人公エドガーを演じ、漫画から抜け出したとしか思えずクギ付けになり、その存在感に圧倒された。彼女でなければ舞台の成功はあり得なかっただろう。明日海の当たり役となり、退団後の初舞台でも再びエドガーを演じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る