明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

公開日: 更新日:

 NHK朝ドラ「おちょやん」は最終回まで2週間を切り、ラストスパートがかかっている状態だ。視聴率は歴代朝ドラに比べていまひとつという結果が出ているが、主演の杉咲花(23)を始め出演者たちの好演に魅了された朝ドラファンは多い。そんな中で、脇を固めていた“ある女優”が話題になっている。

 朝ドラに限らずどんなドラマでも注目を浴びる脇役がいるもので、時には主演の俳優を食ってしまう場合もある。まだドラマは続いているのにストーリーの流れでその俳優が出演しなくなると、ファンの間に起きるのが“ロス”という現象。今回の朝ドラでも一部で同じ現象が起きている。

 ある女優とは、元宝塚トップスターの明日海りお(35)。19年に宝塚歌劇団を退団し、女優に転身。「おちょやん」が退団後初のドラマ出演となった。

 千代(杉咲花)と一平(成田凌)が主催する劇団の劇団員・高峰ルリ子を演じ、ひときわオーラを放っていたのだが、出演は4月2日放送の第85話が最後となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る