井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

東京五輪は即刻中止を!茶番の五輪のどこに意義があるんだ

公開日: 更新日:

 明日からでもいい。東京五輪は即刻、中止してくれ。これは生活をする都民からの要請だ。たまには政府も庶民の要請に従ったらどうだ。中高年は感染増大が気が気でないんだ。出歩く気はないが迷惑どころか、感染で死者が出ているんだ。開幕したら、8月中に感染拡大のピークもやってくるそうだ。スガは「五輪をやめることは簡単なこと。楽なことだ」と言った。じゃすぐにやめろ。何が「挑戦するのが政府の役割」だ。政府よ、正気か。ワクチン接種も遅れまくりだ。感染が選手村でどこまで増えたのか、ろくに公表しなくなった。これも政府の指図か。

 スガは「無観客でも大会の意義は決して損なわれない」とヤケクソ顔で言っていた。膨大な建設予算にケチがついた割に金のかかりまくった国立競技場の、熱気を外に逃がして涼しくさせるとかいう気流ファン(ホンマかよ?)も「無観客」じゃ役立たずだな。もう、四コマ漫画だ。しかも、スガは「世界が困難に直面する時こそ団結して、人類の努力と英知で成功することを世界に発信したい」とうつろな目で続けた。寄ってたかって団結して密になったら収まるものも収まらんぞ。デタラメ続きの組織委員会は準備が追いついてないようで「感染もデタラメに広がりまして参ってます」って世界中に発信中だ。選手村でさかりのついた選手に大量に配る予定だったコンドームにもケチがついて、選手らが帰る時に土産物で配ることにしたとか。ジャパン製は品が違いまっせぇ、人類の「努力と英知」をお届けしまっせってか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る