安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

公開日: 更新日:

「逃げた」「無責任の極み」――。SNS上では大ブーイングだ。

 東京五輪開会式に出席する予定だった安倍晋三前首相が、直前にドタキャン。NHKなどの報道によれば、東京都に緊急事態宣言が出され、無観客開催となったことなどを考慮したという。経済3団体のトップやスポンサー企業が相次いで出席を見送ったのに合わせた形だ。

 一見もっともらしい理由だが、それなら18日に赤坂の迎賓館で開かれたIOCバッハ会長の歓迎会も欠席するべきだったのではないか。それに、この五輪における安倍前首相の立場は、スポンサー企業とは決定的に異なる。

■マリオの扮装までした“東京五輪”の顔なのに

 首相に返り咲いた直後の2013年に自らIOC総会でプレゼンし、原発事故の汚染水は「アンダーコントロール」と大嘘を言ってまで引っ張ってきた五輪だ。その後も、16年のリオ五輪閉会式には「スーパーマリオ」の扮装で登場して、“安倍の五輪”を世界にアピールした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」