菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

公開日: 更新日:

 12日の最終回で番組最高の数字を叩き出したTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」のファンは、まだまだ“ロス状態”が続いているようだ。

 芸能ライターのエリザベス松本氏は「何かと息苦しい世の中で、『TOKYO MER』は勇気と感動、そして〈ドラマって楽しい!〉というシンプルな思いを再認識させてくれた。コロナ禍の中で、爆破シーンなどの撮影は大変だったはず。それでもオリンピック中も休むことなく届けてくれたキャストやスタッフに、視聴者は感謝しながら最終回を見届けたのではないでしょうか」と話す。

 最終回の放送直後には、ドラマの登場人物である「白金大臣」がトレンドワード入り。演じたのは女優の渡辺真起子(52)で、これまで数多くの映画やドラマ、舞台で活躍している。世の中に広く認知されたのは、やはり2012年放送の小泉今日子(55)主演ドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)だろう。渡辺は小泉の親友役を演じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  2. 2
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 3
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  4. 4
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  5. 5
    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

もっと見る

  1. 6
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  2. 7
    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

  3. 8
    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

  4. 9
    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

  5. 10
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり