SMAP「紅白で再結成」計画が進行中! 鼻息荒いNHK、中居、キムタク、静香の動きに注視

公開日: 更新日:

 NHK上層部ががぜん、勢いづいているという。

紅白歌合戦」の真裏で放送されていた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ」(日テレ系)が今年は休止になったことを受け、あるプロジェクトが立ち上がったというのだ。

SMAP再結成企画ですよ。『絶対に笑ってはいけないシリーズ』が休止になったことで元SMAPメンバーだった『新しい地図』の香取慎吾草彅剛稲垣吾郎の3人のスケジュールがリリースされたんです。早速、オファーを開始したようです」(制作関係者)

 実はNHKは昨年も「新しい地図」の3人に対し出演オファーを出していたという。

■ガキ使休止で裏かぶりがクリアに

「しかし、すでに『笑ってはいけない』に出演することが決まっていたんです。テレビ界には“裏かぶり”と言って同時間帯に放送されている番組に出演しないという暗黙のルールがある。NHKは3人の出演を泣く泣く断念したんです」(テレビ誌記者)

  今回、裏かぶりがなくなったことは大きな意味を持つという。また「新しい地図」の3人は「ワルイコあつまれ」(Eテレ)にも出演中でNHKとはいまや蜜月関係にある。

中居正広は香取、草彅、稲垣の3人が出演するとなれば、二つ返事でOKを出すとみられています」(事情通)

キーパーソンはキムタクの妻・工藤静香

 問題は5人目のメンバーである木村拓哉である。正直、俳優業が好調の現在の木村にとってSMAP再結成は何のメリットにもならないのではないか。

「木村にとってSMAPはイヤな思い出しかありません。当時はファンや世間から解散を後押しした黒幕として猛バッシングを受けたからです。また解散間際に香取とは取っ組み合い寸前の大喧嘩をしたこともあって、顔を合わせることを避けていたんです」(芸能プロ関係者)

 しかし、ここにきて風向きが大きく変わりだしたという。NHKのオファーに対し、妻でタレントの工藤静香が興味を示し、後押ししているという話があるのだ。

「工藤はCocomiと次女のKoki,を自らプロデュースしてデビューさせた超ヤリ手のプロデューサーです。木村がSMAP再結成に賛同することは世間的なイメージを考えると2人の娘のためにもプラスになると考えているようです。木村は基本、工藤の言うことには従う。SMAP解散騒動の時もそうでしたから」(民放関係者)

 もうひとつ、ジャニーズ事務所の体制に大きな変化があったことも再結成が現実となる要因だという。

「今年8月に藤島メリー泰子名誉会長が死去したことで、事務所的には、再結成を反対する幹部はいなくなったとみられています。滝沢秀明副社長も事務所へのメリットを考えれば反対する理由はないはずです。紅白で一夜限りでも再結成となれば、他局での出演も可能になる。香取、草彅、稲垣のカレン、中居の個人事務所、そしてジャニーズ……。今後も事務所を飛び越えた活動が可能になれば、経済的効果は100億円規模になるとの声も出ている」(広告代理店関係者)

 果たして、降って湧いたこのビッグプロジェクトは現実のものとなるか。今年の紅白は例年以上に面白くなりそうだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ