碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

百田夏菜子主演「僕の大好きな妻!」が描く世界観 発達障害も大切な個性である

公開日: 更新日:

 難しいテーマに挑んでいるドラマだ。土ドラ「僕の大好きな妻!」(東海テレビ制作・フジテレビ系)である。

 漫画家アシスタントの悟(落合モトキ)と知花(ももいろクローバーZ・百田夏菜子)は新婚の夫婦。ある日、知花に「発達障害」の特性があることが分かるのだ。

 確かに知花は人の話を聞かない。忘れ物が多い。何かに集中すると他のことができなくなる。知花が通うクリニックの院長(中田喜子)によれば、「生まれつきの特性の問題で、障害という名前だが病気ではない」。

 このドラマの長所は、2人の生活を「慌ただしくも楽しい日常」として描いていることだ。それでいて、本人の不安も周囲の戸惑いや誤解なども丁寧に物語化していく。

 たとえば母親(中島ひろ子)が、娘を励ますつもりで「エジソンも発達障害だった」などと言い出す。知花は「私はエジソンじゃない。今の私のままじゃダメなの?」と反発するのだ。

 また、発達障害の特性を持つ人が集まる「発達カフェ」で出会った桐島(窪塚俊介)は、障害のない人との交流を拒んでいた。だが悟は、彼からも学ぼうと頭を下げる。

 百田は今回が民放連ドラ初主演。持ち前の明るさが知花に投影され、応援したくなるヒロインを現出させている。見ていて、発達障害もその人の大切な個性であることが伝わってくるドラマだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応