福原愛の「中国人気」がブレないワケ…不倫バッシングより“よくぞ離婚した!”と称賛

公開日: 更新日:

 里帰り不倫でバッシングを浴びた福原愛(33)の現在の暮らしぶりを発売中の「女性自身」が報じ、話題になっている。

 不倫が報じられてからの福原はといえば、テレビ、広告の仕事はほぼゼロ。ところが、都内にある260平方メートル、3億円といわれる高級マンションに恋人と2人暮らし。お相手も離婚し、大手商社も辞め、福原の専属運転手状態。使用している高級車は中国のスポンサーのものなのだという。

 福原の日本のSNSは更新がストップしているが、中国のSNS(ウェイボー)はコンスタントに更新しており、意識は中国に向いているようだ。中国人ジャーナリストの周来友氏がこう言う。

「中国では不倫バッシングより“よくぞ離婚した”という称賛の声が大きい。学生時代から中国留学し、世界的な卓球選手として成長した愛ちゃんは、中国でも『国民的娘』。外国人とは思えない、(中国の)東北なまりの発音、試合に負けると泣く表情、イベントに呼ばれればリップサービスも上手で、中国人の心を掴んで放さない。一方、台湾人の元夫・江宏傑氏に対しては、愛ちゃんの知名度を利用しようと下心見え見えな男と見られており、国民感情として愛ちゃんの結婚は『大事な娘が無名の男にダマされた』とずっと否定的でした。福原さんの不倫は中国でも報じられてはいますが、離婚して出戻った娘に“よくぞ目を覚ましてくれた”と歓待ムード。人気は落ちるどころか、むしろ回復傾向なのです。彼女自身もそれを理解していて、自分のマーケットを中国と定めているんでしょう」

 賢明である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍