伊藤英明に吹き付ける“寒風”…事務所移籍で心機一転も大ヒット韓国映画のリメークが頓挫

公開日: 更新日:

 俳優の伊藤英明(47)が、韓国の大ヒット映画のリメーク版への主演が頓挫したと発売中の「週刊新潮」が伝えている。

 伊藤の出演が内定していたのは、「犯罪都市」という、ソウルを舞台に警察とマフィアとの抗争を描くクライムアクション。2017年に公開され、680万人を動員し、韓国歴代3位となった大ヒット作品だ。

 現在、韓国で1200万人を動員した第2弾の「犯罪都市 THE ROUNDUP」が日本でも公開されている。その主演で刑事役を務めているのが、マ・ドンソク(51)。伊藤は当初、この役を演じる予定だったという。このマ・ドンソク、なんともゴツい風貌のこわもて風だが、「韓国ドラマ!愛と知性の10大男優」(星海社新書)などの著書もあり、韓国のエンタメ事情に詳しい作家の康熙奉氏はこう話す。

「マ・ドンソクといえば、韓国では『パラサイト』などにも出演したトップ俳優のソン・ガンホ(55)と人気を二分する俳優です。凄みのある風貌の割には、人間味のあるキャラが持ち味で、日本で言えば、かつての西田敏行をほうふつさせるような俳優です。『犯罪都市シリーズ』は韓国で超人気の映画なので、日本でリメークの話が出るのもよくわかります」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」