伊藤英明に吹き付ける“寒風”…事務所移籍で心機一転も大ヒット韓国映画のリメークが頓挫

公開日: 更新日:

 俳優の伊藤英明(47)が、韓国の大ヒット映画のリメーク版への主演が頓挫したと発売中の「週刊新潮」が伝えている。

 伊藤の出演が内定していたのは、「犯罪都市」という、ソウルを舞台に警察とマフィアとの抗争を描くクライムアクション。2017年に公開され、680万人を動員し、韓国歴代3位となった大ヒット作品だ。

 現在、韓国で1200万人を動員した第2弾の「犯罪都市 THE ROUNDUP」が日本でも公開されている。その主演で刑事役を務めているのが、マ・ドンソク(51)。伊藤は当初、この役を演じる予定だったという。このマ・ドンソク、なんともゴツい風貌のこわもて風だが、「韓国ドラマ!愛と知性の10大男優」(星海社新書)などの著書もあり、韓国のエンタメ事情に詳しい作家の康熙奉氏はこう話す。

「マ・ドンソクといえば、韓国では『パラサイト』などにも出演したトップ俳優のソン・ガンホ(55)と人気を二分する俳優です。凄みのある風貌の割には、人間味のあるキャラが持ち味で、日本で言えば、かつての西田敏行をほうふつさせるような俳優です。『犯罪都市シリーズ』は韓国で超人気の映画なので、日本でリメークの話が出るのもよくわかります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由