竹野内豊に露出激減の可能性…映画版「イチケイのカラス」ヒットもアドリブ下手と独立がアダ

公開日: 更新日:

 1月13日から15日の「国内映画ランキング」(興行通信社提供)が発表され、俳優の竹野内豊(52)主演のフジテレビ系月9ドラマの劇場版「映画 イチケイのカラス」が3位にランクインした。

 地方都市を舞台に東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)に所属していた、主人公の刑事裁判官・入間みちおとその周囲が真実をつかもうと奔走する同作。黒木華小日向文世山崎育三郎らドラマ版ではおなじみのキャストに加え、斎藤工向井理ら豪華キャストが勢ぞろい。週末3日間で動員は18万人に迫り、興収は2億3600万円を記録したのだが……。

「一昨年4月期のドラマ版は全11話で12.6%の高視聴率を記録。かなりの期待を寄せられ映画化されたが、興行収入は15億に届くかどうか。公開翌日の14日に放送された2時間ドラマSPの視聴率は9.9%で2ケタに届かなかった(いずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)」(テレビ局関係者)

 同作の公開前、竹野内はそれほど精力的に番宣をこなしたわけでもなく、13日には黒木とともに同局昼の帯番組「ぽかぽか」に出演。MCのお笑いコンビ・ハライチと神田愛花アナがいろいろ話を盛り上げようと話題を振ったが、まったく盛り上がらなかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき