日テレ「だが、情熱はある」流れを変えたM-1グランプリ編…コント“完全再現”で評価急上昇

公開日: 更新日:

 終盤に向けて評価が爆上がりしているのが、King & Prince髙橋海人(24)とSixTONESの森本慎太郎(25)がダブル主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ『だが、情熱はある』だ。

 本作は、お笑いコンビ・オードリー若林正恭(44)を髙橋が、南海キャンディーズの山里亮太(46)を森本がそれぞれ演じる、実話に基づいたドラマ。第3話以降、視聴率は3%台と低空飛行が続いていたが、6月4日放送の9話で4%台に回復し、じわじわと評価を上げている。

 一般的な認知度はあるが、歴史的な偉人というわけでもない若林と山里の半生を描くドラマということで、当初はイマイチ話題に上がり切らなかったが、5月21日放送の第7話で、M-1グランプリ編に突入してから一気に流れが変わった。

 特に2004年にM-1準優勝を果たした南海キャンディーズ、2008年に敗者復活からM-1準優勝を果たしたオードリーのコントの完全再現が話題となった。ネットでは、

《漫才までも完コピ! 本人達のと同じタイミングで笑いがくる。すごい!》

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ