【四月歌舞伎評】仁左衛門と玉三郎の共演…劇的で至福な、夕方6時5分からの20分間

公開日: 更新日:

 極端に言えば、今月の歌舞伎座は夕方6時5分から25分までの20分だけでいい。仁左衛門と玉三郎の『神田祭』だ。

 仁左衛門の鳶頭がただただかっこいい。玉三郎の芸者が、ひたすら艶やか。

 舞踊劇なのでドラマらしいものもない。この2人も名前はなく、「鳶頭」と「芸者」でしかない。それなのに、何よりも劇的なのだ。

 仁左衛門・玉三郎は半世紀にわたり共演を重ねてきた。その時間が観客を至福の時へと導く。ラスト、花道を去るときに、2人は笑顔で客席を見渡して会釈をする。それは、役者・仁左衛門と玉三郎としてのようでもあり、鳶頭と芸者としてのようでもある。観客としては、もはやそんなことはどうでもよく、この至福の時がこの1秒でも長く続いてほしい。そう思っているのに、2人は去り、幕は引かれる。
『神田祭』の前に、仁左衛門と玉三郎の『於染久松色読販』の「土手のお六・鬼門の喜兵衛」があり、ここでも2人は息のあった芝居を見せる。

 長い芝居の中のひとつのエピソードを抜き出して構成したもので、タイトルのお染と久松は出てこない。仁左衛門・玉三郎とも悪人で、ドラマとしても詐欺が失敗する話で面白いが美しさはない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった