SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

あのちゃんに親世代から《ほっとけない》と強い支持 声優、俳優、歌手と底知れぬポテンシャル

公開日: 更新日:

 アーティストでタレント・あのの快進撃が止まらない。5月24日、都内で行われたアニメ映画「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章」の初日舞台あいさつに歌手の幾田りら(23)らと出席したあの。CM、テレビやラジオだけでなく、前述したアニメ映画では声優に挑戦し、今年冬にAmazon Prime Videoで実写映画化される人気漫画「【推しの子】」の出演が決定しているなど、多方面での活躍ぶりを見せている。

 当初、一人称は「ぼく」という不思議ちゃんで、常識はずれな飛び道具的ポジションのタレントという印象を抱いていた視聴者も多かったようだが、今では《私は彼女の親世代だけど、ほっとけない感じがして可愛いって思います》《凄く賢くて素直な子なんやろうなぁと。テレビでお見かけするといつも応援しています》と親世代からも、あのを支持する声が上がっている。

■実は身体能力も高いポテンシャルの高さ

「一見ぶっ飛んでいるように見えて、冷静に自分や周りを分析していることが伺える発言や、求められたことに応じられる頭の良さがベースにあり、たとえばセクハラと炎上してしまいそうな場面でも、面白く切り返すなど危機回避能力も高いなど"実はまとも"な印象です。またダンスや身体能力も高く、ファッションセンスにも定評がある。バラエティ的にもどんな企画をやらせても成立させてしまうポテンシャルの高さに対する安心感もありながら、『何が飛び出すのか?』という程よい緊張感と期待感は持って、視聴者はあのちゃんを見ることができているのだと思います」(バラエティ番組制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代