落語家・桂ざこばさん急逝で…「関西ローカル番組の東京化」待ったなしの危機

公開日: 更新日:

 落語家の桂ざこばさんが12日、喘息のため、自宅で亡くなったことを所属の米朝事務所が明かした。享年76。

 4月30日には、弟子の襲名会見で元気な姿を見せていただけに、身内はもちろん関西芸能界もショックと驚きを隠せない。1963年に3代目桂米朝に弟子入り。桂朝丸時代から寄席だけでなくラジオやテレビで活躍し、「ウィークエンダー」(日本テレビ系)のリポーター、「三枝の愛ラブ!爆笑クリニック」(関西テレビ、フジテレビ系)などで全国区の人気者に。ニュースや芸能界の暗黙の了解にも鋭く切り込み、持論を展開する社会派の一面も。長年「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ)にゲスト出演し、動画で同番組を見る若年層など幅広い年齢層に支持されていた。同志社女子大学教授(メディア論)の影山貴彦氏がこう言う。

「一見すると怖そうに感じますが、大変情に厚い方で、関西の多くの視聴者はもちろん、業界内にもファンの多い方でした。チャーミングという言葉が似合うキャラクターだったように思います。好き嫌いのハッキリしているところがあられて、それがまた小気味良かった。ざこば師匠のような“攻める芸”を持った“関西らしい芸人”“皆から愛される演者”がまたひとり天国に旅立たれたことは残念でなりません」

 近年は炎上を恐れ、タレントのコメントが無難すぎてつまらなくなったという「関西ローカル番組の東京化」が問題に。やしきたかじんもとうに泉下の人になった今、歯に衣着せぬ“ざこば節”がもう聞けないのは関西だけでなく、日本の芸能界にとって大いなる損失だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで