椎名林檎「若い時に書いた歌詞の内容が恥ずかしい」と絶句…吉川晃司も過去に複雑心境を吐露

公開日: 更新日:

「ほんとうに書き直したい」

「恥ずかしい」

 15日放送の「with MUSIC」(日本テレビ系)で、自身の楽曲「丸ノ内サディスティック」についてこう心境を告白したのが、歌手の椎名林檎(45)。1999年2月にリリースされた同作品は、椎名が作詞作曲したもので、自身のバンド「東京事変」でも頻繁に演奏され、多くの世代に支持されている代表曲の一つだ。

 番組で同曲が23年のJOYSOUNDカラオケ年間ランキング11位に入っていることなどが紹介されると、この曲をおよそ20年ぶりに聞いたという椎名は、詞の内容について冒頭のように語ったのだ。

「だって、18とかのころの日記を出されてるみたいな感じ、読み上げられているみたいな感じじゃないですか」

 恥ずかしく思う理由についてMCのフリーアナウンサー有働由美子(55)に聞かれると、椎名はこう答えている。

「丸ノ内サディスティックはもともと英語で作られた歌詞をグルーブ感のあるメロディーと英語の波長を損なわないように日本語に変換しただけなので、特に内容に意味はないと本人は話しています。歌詞には東京メトロの丸ノ内線の銀座や御茶ノ水、後楽園といった駅や、彼女が敬愛しているベンジーこと、2000年に解散したBLANKEY JET CITYの浅井健一と彼が愛用するギターの名前のほかに、刺激的なフレーズも出てきます」(音楽ライター)

 番組レギュラーの俳優・松下洸平(37)からも、同曲がカラオケで歌い継がれていると振られると、椎名は「歌詞とかほんとう書き直したいです」とうんざりした様子を見せた。若き日に制作した楽曲に歳を重ねてから向き合う際、椎名のような心境に陥るアーティストは決して少なくないという。かつて椎名と同様の感想を漏らしたことがあるのが、歌手で俳優の吉川晃司(58)だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差