穂積隆信「積木くずし」騒動 一部始終

公開日:  更新日:

<1983年10月>

 82年に穂積隆信(81)が娘の非行とそこからの更生をつづった「積木くずし 親と子の二百日戦争」は280万部といわれる大ベストセラーになり、83年2月から3月にかけて放送された高部知子主演のテレビドラマも最高視聴率45.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という民放ドラマ最高記録を残した。だが、穂積家にはこの後さまざまな試練が襲いかかる。

 10月18日、新宿で警ら中の私服警官は歌舞伎町をうろついているひとりの少女を補導する。少女の荷物からはトルエンが発見される。彼女は「トルエンを買ってボーイフレンドの家に行くつもりだった」とトルエン遊び目的であることを認め、毒物及び劇物取締法違反の容疑で逮捕された。この少女こそベストセラー「積木くずし」の主人公・穂積由香里(当時15)だった。「トルエンを吸うことは悪いことだとわかっていますが、両親が講演などで留守がちだったから、自分は好きなことをした」と取り調べで語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る