穂積隆信「積木くずし」騒動 一部始終

公開日: 更新日:

<1983年10月>

 82年に穂積隆信(81)が娘の非行とそこからの更生をつづった「積木くずし 親と子の二百日戦争」は280万部といわれる大ベストセラーになり、83年2月から3月にかけて放送された高部知子主演のテレビドラマも最高視聴率45.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という民放ドラマ最高記録を残した。だが、穂積家にはこの後さまざまな試練が襲いかかる。

 10月18日、新宿で警ら中の私服警官は歌舞伎町をうろついているひとりの少女を補導する。少女の荷物からはトルエンが発見される。彼女は「トルエンを買ってボーイフレンドの家に行くつもりだった」とトルエン遊び目的であることを認め、毒物及び劇物取締法違反の容疑で逮捕された。この少女こそベストセラー「積木くずし」の主人公・穂積由香里(当時15)だった。「トルエンを吸うことは悪いことだとわかっていますが、両親が講演などで留守がちだったから、自分は好きなことをした」と取り調べで語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る