天才落語家 桂枝雀がうつ病で自殺の衝撃

公開日:  更新日:

<1999年4月>

「天才落語家」と呼ばれた桂枝雀。朝の連ドラや映画に出演するなど俳優としても人気を集めていたが、異変が起きたのは春先のことだ。

 3月13日夜9時ごろ、大阪・吹田市の桂枝雀の自宅で、3階廊下の手すりにつないだ紐を首にかけ、うずくまっている枝雀を家人が発見する。すぐに紐はほどかれ、市内の病院に搬送されたが、予断を許さない状態。息はまだあったが、当初このことは箝口(かんこう)令が敷かれ、一般には伏せられた。

 枝雀はその後も脳の腫れは引かず、18日に集中治療室から一般病棟に移される。そして、さすがに周辺のざわつきが伝わり、自殺未遂から11日後の3月24日に世間に知れ渡るところとなる。脳にダメージを負って植物状態が続いていた枝雀の容体が急変したのは4月19日。マスコミが一斉に報じたが、死因は心不全だった。百面相のような豊かな表情とオーバーアクション、「すびばせんねえ」などの独特の癖のあるギャグで「上方落語の爆笑王」と呼ばれた枝雀のなんとも痛ましい最後であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る