和田浩治 結婚1年7カ月で梓みちよと泥沼離婚

公開日: 更新日:

<1972年10月>

 やんちゃガイと呼ばれて石原裕次郎らとともに人気だった和田浩治。71年3月、27歳の時に歌手の梓みちよ(当時27)と結婚、話題となった。しかし、1年も経たないうちに不仲報道がマスコミを賑わすようになる。

 知り合ったのは70年4月。7月にはすでに和田がプロポーズを済ませており、同年秋には「結婚直前」と報じられた。話はトントン拍子で翌年1月に番組撮影を兼ねた婚前旅行、3月6日に東京大神宮で挙式という、いわゆる電撃婚だった。

 挙式後、都内のホテルに場を移し、400人の招待客を招いた立食形式の披露宴が行われた。司会を務める高橋圭三が「ケーキの高さは3メートル。これ以上高くなりますと離婚率も高くなりますので、このあたりが適当でございましょう」と発言。場内が爆笑に包まれる場面もあった。披露宴では梓のヒット曲「こんにちは赤ちゃん」が大合唱されて盛り上がったが、祝辞の中には「週刊誌をガッカリさせるような平和な家庭を築いてください」と、離婚しないよう釘を刺すものもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  9. 9

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  10. 10

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

もっと見る