• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

和田浩治 結婚1年7カ月で梓みちよと泥沼離婚

<1972年10月>

 やんちゃガイと呼ばれて石原裕次郎らとともに人気だった和田浩治。71年3月、27歳の時に歌手の梓みちよ(当時27)と結婚、話題となった。しかし、1年も経たないうちに不仲報道がマスコミを賑わすようになる。

 知り合ったのは70年4月。7月にはすでに和田がプロポーズを済ませており、同年秋には「結婚直前」と報じられた。話はトントン拍子で翌年1月に番組撮影を兼ねた婚前旅行、3月6日に東京大神宮で挙式という、いわゆる電撃婚だった。

 挙式後、都内のホテルに場を移し、400人の招待客を招いた立食形式の披露宴が行われた。司会を務める高橋圭三が「ケーキの高さは3メートル。これ以上高くなりますと離婚率も高くなりますので、このあたりが適当でございましょう」と発言。場内が爆笑に包まれる場面もあった。披露宴では梓のヒット曲「こんにちは赤ちゃん」が大合唱されて盛り上がったが、祝辞の中には「週刊誌をガッカリさせるような平和な家庭を築いてください」と、離婚しないよう釘を刺すものもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る