和田浩治 結婚1年7カ月で梓みちよと泥沼離婚

公開日: 更新日:

<1972年10月>

 やんちゃガイと呼ばれて石原裕次郎らとともに人気だった和田浩治。71年3月、27歳の時に歌手の梓みちよ(当時27)と結婚、話題となった。しかし、1年も経たないうちに不仲報道がマスコミを賑わすようになる。

 知り合ったのは70年4月。7月にはすでに和田がプロポーズを済ませており、同年秋には「結婚直前」と報じられた。話はトントン拍子で翌年1月に番組撮影を兼ねた婚前旅行、3月6日に東京大神宮で挙式という、いわゆる電撃婚だった。

 挙式後、都内のホテルに場を移し、400人の招待客を招いた立食形式の披露宴が行われた。司会を務める高橋圭三が「ケーキの高さは3メートル。これ以上高くなりますと離婚率も高くなりますので、このあたりが適当でございましょう」と発言。場内が爆笑に包まれる場面もあった。披露宴では梓のヒット曲「こんにちは赤ちゃん」が大合唱されて盛り上がったが、祝辞の中には「週刊誌をガッカリさせるような平和な家庭を築いてください」と、離婚しないよう釘を刺すものもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る