ヒロインに抜擢された元祖ニューハーフ松原留美子

公開日:  更新日:

<1981年3月>

 今でこそ当たり前に使う「ニューハーフ」という言葉。この和製英語ができたのは80年代初頭。語源についてはいくつかの説があるが、サザンオールスターズの桑田佳祐と大阪のショーパブ「ベティのマヨネーズ」のママが対談した際に生まれたというのが有力だ。オカマちゃんのママが「私、男と女のハーフなのよ」というと、桑田が「なら、ニューハーフだ」と返したのが最初だという。

 この言葉が定着するようになったのは81年3月に松原留美子(当時22)が出現してからだ。その頃、六本木で「六本木美人」というキャンペーンをやっていた。毎月1人、同地に住んでいるか、働いている女性をモデルにして、ポスターを街中に張って地元を盛り上げる企画だった。

 松原がこの企画に採用されると、ポスターは張っていく先から盗まれていった。写真の表情からはほのかな色気とミステリアスな雰囲気が漂い、世の男性を魅了してしまったのだ。彼女が本当は男であることなど誰ひとり想像もしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る