ヒロインに抜擢された元祖ニューハーフ松原留美子

公開日: 更新日:

<1981年3月>

 今でこそ当たり前に使う「ニューハーフ」という言葉。この和製英語ができたのは80年代初頭。語源についてはいくつかの説があるが、サザンオールスターズ桑田佳祐と大阪のショーパブ「ベティのマヨネーズ」のママが対談した際に生まれたというのが有力だ。オカマちゃんのママが「私、男と女のハーフなのよ」というと、桑田が「なら、ニューハーフだ」と返したのが最初だという。

 この言葉が定着するようになったのは81年3月に松原留美子(当時22)が出現してからだ。その頃、六本木で「六本木美人」というキャンペーンをやっていた。毎月1人、同地に住んでいるか、働いている女性をモデルにして、ポスターを街中に張って地元を盛り上げる企画だった。

 松原がこの企画に採用されると、ポスターは張っていく先から盗まれていった。写真の表情からはほのかな色気とミステリアスな雰囲気が漂い、世の男性を魅了してしまったのだ。彼女が本当は男であることなど誰ひとり想像もしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る