ヒロインに抜擢された元祖ニューハーフ松原留美子

公開日:  更新日:

<1981年3月>

 今でこそ当たり前に使う「ニューハーフ」という言葉。この和製英語ができたのは80年代初頭。語源についてはいくつかの説があるが、サザンオールスターズの桑田佳祐と大阪のショーパブ「ベティのマヨネーズ」のママが対談した際に生まれたというのが有力だ。オカマちゃんのママが「私、男と女のハーフなのよ」というと、桑田が「なら、ニューハーフだ」と返したのが最初だという。

 この言葉が定着するようになったのは81年3月に松原留美子(当時22)が出現してからだ。その頃、六本木で「六本木美人」というキャンペーンをやっていた。毎月1人、同地に住んでいるか、働いている女性をモデルにして、ポスターを街中に張って地元を盛り上げる企画だった。

 松原がこの企画に採用されると、ポスターは張っていく先から盗まれていった。写真の表情からはほのかな色気とミステリアスな雰囲気が漂い、世の男性を魅了してしまったのだ。彼女が本当は男であることなど誰ひとり想像もしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る