開いた胸元と“腹チラ” 美保純が醸した妖艶フェロモン

公開日: 更新日:

 アジア最大級の映画の祭典「東京国際映画祭」が17日、開幕した。今年で26回目を迎え、女優が練り歩くグリーンカーペットも恒例に。そのきらびやかな舞台で今回、誰よりも妖艶なオトナの色気を振りまいたのは、美保純(53)だった!

 ご覧の通り、純白のスレンダーラインのドレスに黒のリボンをあしらった衣装で登場。大きく開いた胸元と“腹チラ”に吸い寄せられるように、複数のカメラマンが「美保さん、もっと前に出てきて!」とリクエストしていた。

 NHK朝ドラ「あまちゃん」での演技は記憶に新しい。過去に何度も駆け落ちを経験した海女クラブの「フェロモンババア」美寿々を演じ、大いに北三陸をもり立てた。

 80年代アイドルにスポットをあてた同ドラマ。キョンキョンや薬師丸ひろ子も脚光を集めたが、同じ80年代にポルノ女優として活躍した美保も忘れてはならない。映画「ピンクのカーテン」(82年)でブルーリボン新人賞を受賞した当時を、芸能評論家の金沢誠氏がこう振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る