• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開いた胸元と“腹チラ” 美保純が醸した妖艶フェロモン

 アジア最大級の映画の祭典「東京国際映画祭」が17日、開幕した。今年で26回目を迎え、女優が練り歩くグリーンカーペットも恒例に。そのきらびやかな舞台で今回、誰よりも妖艶なオトナの色気を振りまいたのは、美保純(53)だった!

 ご覧の通り、純白のスレンダーラインのドレスに黒のリボンをあしらった衣装で登場。大きく開いた胸元と“腹チラ”に吸い寄せられるように、複数のカメラマンが「美保さん、もっと前に出てきて!」とリクエストしていた。

 NHK朝ドラ「あまちゃん」での演技は記憶に新しい。過去に何度も駆け落ちを経験した海女クラブの「フェロモンババア」美寿々を演じ、大いに北三陸をもり立てた。

 80年代アイドルにスポットをあてた同ドラマ。キョンキョンや薬師丸ひろ子も脚光を集めたが、同じ80年代にポルノ女優として活躍した美保も忘れてはならない。映画「ピンクのカーテン」(82年)でブルーリボン新人賞を受賞した当時を、芸能評論家の金沢誠氏がこう振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る