じぇじぇじぇ! 能年玲奈の「金髪ヤンキー役」に評論家の見方は?

公開日:  更新日:

 社会現象を巻き起こした「あまちゃん」。今や日本中で主演の能年玲奈(20)を知らない人はいないだろう。そんな彼女の「脱あまちゃん」第1弾となる作品に注目が集まっている。

 今週、複数のメディアが報じたのが、少女マンガ「ホットロード」の実写映画化。能年はヒロイン役を務めるという。「ホットロード」は85~87年に「別冊マーガレット」(集英社)で連載された紡木たくの代表作。14歳の主人公・宮市和希は母親と2人暮らし。離婚協議中の男と不倫を続ける母を見て「誰からも必要とされていない」と感じた和希は非行に走る。万引で補導されたことがきっかけで不良少女に誘われ暴走族に入り、仲間の春山洋志にひかれていく――。

 単行本は700万部の大ヒット。当時からドラマ化、映画化、アニメ化のオファーが殺到するも、原作者が首を縦に振らなかった。原作にはヒロインが自ら髪の毛を金色にしたり、コンパスの針で腕に入れ墨を彫るシーンも。天真爛漫(てんしんらんまん)な能年からは想像もつかない「じぇじぇじぇ」な内容だ。恋人の春山役は嵐の二宮和也(30)が有力だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る