• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

じぇじぇじぇ! 能年玲奈の「金髪ヤンキー役」に評論家の見方は?

 社会現象を巻き起こした「あまちゃん」。今や日本中で主演の能年玲奈(20)を知らない人はいないだろう。そんな彼女の「脱あまちゃん」第1弾となる作品に注目が集まっている。

 今週、複数のメディアが報じたのが、少女マンガ「ホットロード」の実写映画化。能年はヒロイン役を務めるという。「ホットロード」は85~87年に「別冊マーガレット」(集英社)で連載された紡木たくの代表作。14歳の主人公・宮市和希は母親と2人暮らし。離婚協議中の男と不倫を続ける母を見て「誰からも必要とされていない」と感じた和希は非行に走る。万引で補導されたことがきっかけで不良少女に誘われ暴走族に入り、仲間の春山洋志にひかれていく――。

 単行本は700万部の大ヒット。当時からドラマ化、映画化、アニメ化のオファーが殺到するも、原作者が首を縦に振らなかった。原作にはヒロインが自ら髪の毛を金色にしたり、コンパスの針で腕に入れ墨を彫るシーンも。天真爛漫(てんしんらんまん)な能年からは想像もつかない「じぇじぇじぇ」な内容だ。恋人の春山役は嵐の二宮和也(30)が有力だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る