• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どん底の錦野旦と結ばれた清純派女優 武原英子

<1980年9月>

 9月19日午後2時、東京・品川区の妙光寺で錦野旦(にしきのあきら、当時31)と武原英子(同34)の結婚式が開かれていた。“1億円挙式”といった豪華さを競っていた時代に、芸能人同士にしては地味だったが、詰め掛けたファンたちの目には逆にそれが新鮮に映った。白無垢(むく)に文金高島田の武原の美しさに感嘆の声が上がった。

 2人が出会ったのは2年前。当時の錦野はどん底にあった。前年の77年10月、大麻取締法違反で逮捕されていた。

「知り合いから譲り受けた大麻を所持していたんですが、少量で使った形跡もなかったので起訴猶予で済んだ。しかし、すでに下り坂にあった錦野にとってはダメージは大きく、しばらく新曲も出せなくなってしまったんです」(芸能記者)

 錦野は70年5月、「もう恋なのか」でデビュー。同年のレコード大賞最優秀新人賞を受賞し、一躍スターダムにのし上がった。転落の始まりは73年。マネジャーが錦野の名前でカネを借りまくり、失踪。その返済のためにドサ回りを余儀なくされて人気が急落。そこに大麻事件が追い打ちをかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る