どん底の錦野旦と結ばれた清純派女優 武原英子

公開日:  更新日:

<1980年9月>

 9月19日午後2時、東京・品川区の妙光寺で錦野旦(にしきのあきら、当時31)と武原英子(同34)の結婚式が開かれていた。“1億円挙式”といった豪華さを競っていた時代に、芸能人同士にしては地味だったが、詰め掛けたファンたちの目には逆にそれが新鮮に映った。白無垢(むく)に文金高島田の武原の美しさに感嘆の声が上がった。

 2人が出会ったのは2年前。当時の錦野はどん底にあった。前年の77年10月、大麻取締法違反で逮捕されていた。

「知り合いから譲り受けた大麻を所持していたんですが、少量で使った形跡もなかったので起訴猶予で済んだ。しかし、すでに下り坂にあった錦野にとってはダメージは大きく、しばらく新曲も出せなくなってしまったんです」(芸能記者)

 錦野は70年5月、「もう恋なのか」でデビュー。同年のレコード大賞最優秀新人賞を受賞し、一躍スターダムにのし上がった。転落の始まりは73年。マネジャーが錦野の名前でカネを借りまくり、失踪。その返済のためにドサ回りを余儀なくされて人気が急落。そこに大麻事件が追い打ちをかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る