どん底の錦野旦と結ばれた清純派女優 武原英子

公開日: 更新日:

 だが、すぐにはそれ以上、発展しなかった。錦野はてっきり武原が人妻と思い込んでいた。それが勘違いだと知ると、2人は急接近。仕事の合間を見つけて、連日デートを繰り返した。そしてゴールイン。惚れて惚れ合っての結婚だった。

 2人の女の子をもうけ、周囲もうらやむ幸せな家庭を築いていたが、終焉(しゅうえん)は突然、やってきた。95年6月、武原が乳がんを発症していることが判明。1年半後の96年12月、50歳の若さで亡くなってしまったのだ。

 見つかった段階でがんの大きさは3×4センチ。第2期に入っていたが、全摘手術を受ければ助かる可能性が高いと医師から説明を受けた。だが、武原は乳房を失うことを恐れ、手術を拒否。漢方治療に頼り、気づいた時にはがんが全身に転移していた。武原が錦野にあてた最後の手紙には「私は世界一倖せな女です」と記されていた。

◇1980年9月 3日、元日本共産党政治局員の伊藤律(当時67)が29年ぶりに中国から帰国。12日、東証1部の平均株価が終値で初めて7000円の大台に。20日に落語家の林家三平(初代)が肝臓がんのため死去。54歳。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る