セイントフォー 事務所とレコード会社が対立して2年で解散

公開日:  更新日:

<1987年1月>

 各メンバーがイメージカラーのレオタードに身を包み、歌の合間にバック転や側宙などのアクロバット技を繰り出し話題を呼んだ異色のアイドルグループといえば、セイントフォー。人気絶頂から2年足らずで解散に追い込まれ、アッという間に消えてしまった。

 メンバーの選抜は82年に、全国の少女に送られた「あなたもスターになりませんか」というダイレクトメールから始まった。約3万人が応募。合格者は養成所に入り、オーディションで岩間沙織(デビュー時20歳)、濱田範子(同19歳)、鈴木幸恵(同18歳)、板谷祐三子(同16歳)の4人が選ばれた。

 しかし、デビューはそれから2年後。しばらくは歌そっちのけで宙返りのレッスンが続いた。これにはメンバーが「ダマされてる!」と思ったこともあったという。

 満を持してのデビューは84年。ハードなトレーニングに耐えてデビューする4人組を描いた映画「ザ・オーディション」(新城卓監督、東宝東和配給)が11月に封切られ、同時期に主題歌「不思議TOKYOシンデレラ」もリリース。イメージキャラクターを務めるフォード・レーザーからはセイントフォー特別仕様車も発売された。この他、CM制作などを含めたデビューの関連費用は40億円ともいわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る