• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セイントフォー 事務所とレコード会社が対立して2年で解散

<1987年1月>

 各メンバーがイメージカラーのレオタードに身を包み、歌の合間にバック転や側宙などのアクロバット技を繰り出し話題を呼んだ異色のアイドルグループといえば、セイントフォー。人気絶頂から2年足らずで解散に追い込まれ、アッという間に消えてしまった。

 メンバーの選抜は82年に、全国の少女に送られた「あなたもスターになりませんか」というダイレクトメールから始まった。約3万人が応募。合格者は養成所に入り、オーディションで岩間沙織(デビュー時20歳)、濱田範子(同19歳)、鈴木幸恵(同18歳)、板谷祐三子(同16歳)の4人が選ばれた。

 しかし、デビューはそれから2年後。しばらくは歌そっちのけで宙返りのレッスンが続いた。これにはメンバーが「ダマされてる!」と思ったこともあったという。

 満を持してのデビューは84年。ハードなトレーニングに耐えてデビューする4人組を描いた映画「ザ・オーディション」(新城卓監督、東宝東和配給)が11月に封切られ、同時期に主題歌「不思議TOKYOシンデレラ」もリリース。イメージキャラクターを務めるフォード・レーザーからはセイントフォー特別仕様車も発売された。この他、CM制作などを含めたデビューの関連費用は40億円ともいわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る