セイントフォー 事務所とレコード会社が対立して2年で解散

公開日:  更新日:

<1987年1月>

 各メンバーがイメージカラーのレオタードに身を包み、歌の合間にバック転や側宙などのアクロバット技を繰り出し話題を呼んだ異色のアイドルグループといえば、セイントフォー。人気絶頂から2年足らずで解散に追い込まれ、アッという間に消えてしまった。

 メンバーの選抜は82年に、全国の少女に送られた「あなたもスターになりませんか」というダイレクトメールから始まった。約3万人が応募。合格者は養成所に入り、オーディションで岩間沙織(デビュー時20歳)、濱田範子(同19歳)、鈴木幸恵(同18歳)、板谷祐三子(同16歳)の4人が選ばれた。

 しかし、デビューはそれから2年後。しばらくは歌そっちのけで宙返りのレッスンが続いた。これにはメンバーが「ダマされてる!」と思ったこともあったという。

 満を持してのデビューは84年。ハードなトレーニングに耐えてデビューする4人組を描いた映画「ザ・オーディション」(新城卓監督、東宝東和配給)が11月に封切られ、同時期に主題歌「不思議TOKYOシンデレラ」もリリース。イメージキャラクターを務めるフォード・レーザーからはセイントフォー特別仕様車も発売された。この他、CM制作などを含めたデビューの関連費用は40億円ともいわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る