日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャスター転身なんて…現役引退・田中理恵には教壇が似合う

 17日、ロンドン五輪の女子代表を務めた田中理恵(26=日体大教員)が大学を通じて正式に引退を表明した。

 田中はその美貌と色気のある演技で、体操ファンだけでなく世の男性を魅了。10年の世界選手権(オランダ・ロッテルダム)では、美しい演技が認められ日本女子選手では初めてエレガンス賞を受賞した。

 ロンドン五輪後も持病の腰痛に悩まされてきた田中は、「選手生活は引退しますが、これからの新たな田中理恵を引き続き応援いただけるよう、精いっぱい頑張ります」と談話を発表した。

 今年の世界選手権のテレビ中継では現地リポーターを務めたり、バラエティー番組にも出演。タレント性にも注目が集まる一方、日体大関係者の間にはこんな声がある。

「派手なルックスからは想像しにくいかもしれないが、彼女の指導力には定評がある。現役時代から自分にも他人にも厳しく、若手から一目も二目も置かれていた。同級生や後輩に細かな指示をすることはなかったものの、時折、口にするアドバイスは実に的確で、自ら演技を見せながら、教えていた。田中を慕う下級生は少なくなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事