“和製コマネチ”の前例も…田中理恵タレント転身を危ぶむ声

公開日: 更新日:

「続々とスターや注目株が出てくるのがアスリートの世界。もし、キャスターを目指すなら、フィギュアの荒川静香や八木沼純子のようにプロのアナウンサーに話し方を習って勉強した方がいい。そもそも、田中は森末慎二のように3個もメダルを取ったならまだしも、メダリストですらない。アスリートにしては美人でも、芸能界の土俵に乗ったら並以下のレベルの容姿。タレントとしてなら半年で飽きられます。テレビ局や芸能プロの甘い言葉に乗せられず、本職を大切にしてきちんと指導者になってほしい。じゃないと、岡崎聡子みたいな末路も否定できない」(芸能評論家の肥留間正明氏)

 76年のモントリオール五輪では、15歳の若さで体操女子日本代表に選ばれた岡崎。当時は「和製コマネチ」ともてはやされ、高校を卒業するとタレントに転身。しかし、あっという間に人気が急落すると、その後の人生は薬物事件や暴力団との交際などでまっさかさま。岡崎の例は極端にしても、一時の人気を実力と勘違いして第二の人生を踏み誤る元アスリートは枚挙にいとまがないのも事実だ。「エレガンス賞」の田中には、地に足のついた指導者人生をオススメしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る