“和製コマネチ”の前例も…田中理恵タレント転身を危ぶむ声

公開日: 更新日:

「続々とスターや注目株が出てくるのがアスリートの世界。もし、キャスターを目指すなら、フィギュアの荒川静香や八木沼純子のようにプロのアナウンサーに話し方を習って勉強した方がいい。そもそも、田中は森末慎二のように3個もメダルを取ったならまだしも、メダリストですらない。アスリートにしては美人でも、芸能界の土俵に乗ったら並以下のレベルの容姿。タレントとしてなら半年で飽きられます。テレビ局や芸能プロの甘い言葉に乗せられず、本職を大切にしてきちんと指導者になってほしい。じゃないと、岡崎聡子みたいな末路も否定できない」(芸能評論家の肥留間正明氏)

 76年のモントリオール五輪では、15歳の若さで体操女子日本代表に選ばれた岡崎。当時は「和製コマネチ」ともてはやされ、高校を卒業するとタレントに転身。しかし、あっという間に人気が急落すると、その後の人生は薬物事件や暴力団との交際などでまっさかさま。岡崎の例は極端にしても、一時の人気を実力と勘違いして第二の人生を踏み誤る元アスリートは枚挙にいとまがないのも事実だ。「エレガンス賞」の田中には、地に足のついた指導者人生をオススメしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る