喜多嶋舞 大沢樹生 18年前の“デキ婚”騒動

公開日: 更新日:

 予定日は97年2月上旬だったが、1月12日に検査入院した際に急に産気づき、14日に出産。所属事務所の新年会から深夜に帰宅した大沢は病院に直行。「赤ちゃんなのに髪の毛が長くてウエーブがかかっているところは僕似かな」と喜びを語った。大沢はオムツの交換もするなど積極的に育児を手伝い、喜多嶋は「私は夫に恵まれた、彼と結婚できてよかった」と語った。

 もっとも、子供の教育問題などから05年には離婚。慰謝料はなく養育費は折半。親権は喜多嶋が持つが通学問題などから子育ては大沢が行い、07年4月には「息子はオレの跡取りだよ」と親権も取った。

 その後、喜多嶋は07年7月、大沢は08年4月にそれぞれ再婚したが、大沢一家は長男と大沢が新しいお母さんと仲良く買い物に出る姿が写真誌にキャッチされるなど家族円満とみられていた。

 しかし、12年10月、長男が週刊誌で両親からのDVを告発。この頃から事態は思わぬ方向に転がり始める。昨年、大沢がDNA鑑定を行い、親子関係の不存在の確認を求めていることが報じられた。これに喜多嶋側が反論するなど収拾のメドはたっていない。

◇1996年6月 8日、中国が核実験。10日、フランキー堺が死去。67歳。10日、作家の宇野千代が死去。98歳。13日、福岡空港ガルーダ航空機離陸事故。死者3人、負傷者多数。25日、JR高山本線で特急列車が落石に衝突して脱線事故。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る