“大企業のご令嬢”千秋 バンダイに「就活失敗」していた

公開日:  更新日:

親のコネ使わず?

「大学の頃にバンダイさんを受けて落ちた思い出がある」

 12日、「バンダイ」の「超合金 超合体! SFロボット 藤子・F・不二雄キャラクターズ」商品発表会に出席した千秋(42)。同社の入社試験を受けるも不合格だったビックリ過去を明かした。千秋は短大卒。就職活動をしていたのは今から約23年前の91年ごろ。92年から「ウゴウゴルーガ」(フジテレビ系)でバラエティーに出演している。就活に失敗したから芸能界入りを決めたのだろうか。

 千秋は「小さいときは親が厳しくて『ドラえもんしか読んじゃダメ』と言われていた。学校以外のことはすべて『ドラえもん』から学んでいた」と“ドラえもん愛”を熱弁。06年からはドラミの声を担当しており、「芸能界で一番うれしかったのはドラミになれたこと」とも語った。それだけに、ドラえもんグッズの販売元である「バンダイ」からの不採用通知はさぞショックだったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る