日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“大企業のご令嬢”千秋 バンダイに「就活失敗」していた

親のコネ使わず?

「大学の頃にバンダイさんを受けて落ちた思い出がある」

 12日、「バンダイ」の「超合金 超合体! SFロボット 藤子・F・不二雄キャラクターズ」商品発表会に出席した千秋(42)。同社の入社試験を受けるも不合格だったビックリ過去を明かした。千秋は短大卒。就職活動をしていたのは今から約23年前の91年ごろ。92年から「ウゴウゴルーガ」(フジテレビ系)でバラエティーに出演している。就活に失敗したから芸能界入りを決めたのだろうか。

 千秋は「小さいときは親が厳しくて『ドラえもんしか読んじゃダメ』と言われていた。学校以外のことはすべて『ドラえもん』から学んでいた」と“ドラえもん愛”を熱弁。06年からはドラミの声を担当しており、「芸能界で一番うれしかったのはドラミになれたこと」とも語った。それだけに、ドラえもんグッズの販売元である「バンダイ」からの不採用通知はさぞショックだったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事