池玲子 2度の逮捕で一時活動休止した元祖ポルノ女優

公開日: 更新日:

■1977年10月

 日本で初めて「ポルノ映画」という名称が使われたのは71年7月に封切られた東映の「温泉みすず芸者」。主演の池玲子は当時、まだ17歳だったが、その後も「女番長ブルース」「現代ポルノ伝・先天性淫婦」と次々とヒットを飛ばし、「服を着るヒマもないくらい」といわれたほどだった。東映のポルノ映画シリーズは一流の監督と俳優を起用して、それまでのピンク映画とは一線を画する作品で評価も高かった。池は71年には日本映画テレビ制作協会賞新人賞、72年にはゴールデンアロー賞新人賞を受賞するなど、一気にトップスターの仲間入り。主演映画は1本一億数千万円の興行収益を挙げるといわれ、75年までに27本の作品に出演する売れっ子女優となった。

 しかし、77年、思わぬ事件に巻き込まれる。この年、警視庁は覚醒剤の密造、販売の地下組織について内偵を進めていた。その結果、1都4県にまたがる広域捜査で4つのグループが浮かび上がり、容疑者が次々と逮捕されていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  3. 3

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  4. 4

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  5. 5

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 7

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る