池玲子 2度の逮捕で一時活動休止した元祖ポルノ女優

公開日:  更新日:

■1977年10月

 日本で初めて「ポルノ映画」という名称が使われたのは71年7月に封切られた東映の「温泉みすず芸者」。主演の池玲子は当時、まだ17歳だったが、その後も「女番長ブルース」「現代ポルノ伝・先天性淫婦」と次々とヒットを飛ばし、「服を着るヒマもないくらい」といわれたほどだった。東映のポルノ映画シリーズは一流の監督と俳優を起用して、それまでのピンク映画とは一線を画する作品で評価も高かった。池は71年には日本映画テレビ制作協会賞新人賞、72年にはゴールデンアロー賞新人賞を受賞するなど、一気にトップスターの仲間入り。主演映画は1本一億数千万円の興行収益を挙げるといわれ、75年までに27本の作品に出演する売れっ子女優となった。

 しかし、77年、思わぬ事件に巻き込まれる。この年、警視庁は覚醒剤の密造、販売の地下組織について内偵を進めていた。その結果、1都4県にまたがる広域捜査で4つのグループが浮かび上がり、容疑者が次々と逮捕されていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る