池玲子 2度の逮捕で一時活動休止した元祖ポルノ女優

公開日:  更新日:

■1977年10月

 日本で初めて「ポルノ映画」という名称が使われたのは71年7月に封切られた東映の「温泉みすず芸者」。主演の池玲子は当時、まだ17歳だったが、その後も「女番長ブルース」「現代ポルノ伝・先天性淫婦」と次々とヒットを飛ばし、「服を着るヒマもないくらい」といわれたほどだった。東映のポルノ映画シリーズは一流の監督と俳優を起用して、それまでのピンク映画とは一線を画する作品で評価も高かった。池は71年には日本映画テレビ制作協会賞新人賞、72年にはゴールデンアロー賞新人賞を受賞するなど、一気にトップスターの仲間入り。主演映画は1本一億数千万円の興行収益を挙げるといわれ、75年までに27本の作品に出演する売れっ子女優となった。

 しかし、77年、思わぬ事件に巻き込まれる。この年、警視庁は覚醒剤の密造、販売の地下組織について内偵を進めていた。その結果、1都4県にまたがる広域捜査で4つのグループが浮かび上がり、容疑者が次々と逮捕されていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る