日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全裸の男女が命がけで…米サバイバル番組の“凄まじい中身”

 見知らぬ男女が全裸でサバイバルに挑戦――。

 こんなドキュメンタリー番組が話題になっている。CS放送のディスカバリーチャンネルが16日から放送しているもので、タイトルは「THE NAKED」だ。

 制作は米ディスカバリーチャンネル。放送第1回の「タンザニアの恐怖」では禁猟区の管理員を務めたケリーという38歳の女性と46歳のスナイダーが、アフリカ・タンザニアの砂漠を目的地の山まで歩く。21日以内に到達するという条件付きだ。

 2人は全裸で自己紹介し、にこやかに歩き始めるが、見つけた川は泥だらけ。全裸の体に38度の直射日光が降り注ぐ。食料も手に入らず、木の枝をこすって火をつけるのも数日がかりだ。3日も何も食べず、イライラが募り、お互いをなじり合う。

 しかもスナイダーは植物のトゲを踏んで足がはれ上がり、歩けない状態に。2人がネズミほどの大きさのマングースを捕獲し、分け合って食べる姿は感動的でさえある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事