清原逮捕のニュースに田代まさし 薬物の怖さ語る姿に反響

公開日: 更新日:

 プロ野球界のみならず、日本全体に激震が走った清原和博(48)の覚醒剤不法所持による逮捕。これまでも世間を騒がせた薬物事件は数々あるが、その恐ろしさを最も知る“生き証人”がテレビに出演したとネット上で話題だ。

 薬物依存者のための回復支援民間施設「ダルク(DARC)」に入所中の田代まさし(59)の現在の姿が3日、NHK「ニュースウオッチ9」で放送されたのだ。

 同番組では清原の逮捕をトップニュースとして報道。逮捕を受けて驚く街の声や球界の反応などを放送する一方で、ダルクでボランティアスタッフとして働く田代に取材を実施し、そのVTRを放送した。

 田代は自身が回復の途上であるとして他人のことを言える立場にはないとしつつ、「(薬物には)寂しさとか孤独とか最初はそこから入るけど、1回やってしまうと次に次にという気持ちが勝ってしまう」と、自らの体験を踏まえつつ説明。「今回で辞められると心に誓うけど、それでも負けてしまうのが薬の魔力」と、その恐ろしさを語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る