清原逮捕のニュースに田代まさし 薬物の怖さ語る姿に反響

公開日:  更新日:

 プロ野球界のみならず、日本全体に激震が走った清原和博(48)の覚醒剤不法所持による逮捕。これまでも世間を騒がせた薬物事件は数々あるが、その恐ろしさを最も知る“生き証人”がテレビに出演したとネット上で話題だ。

 薬物依存者のための回復支援民間施設「ダルク(DARC)」に入所中の田代まさし(59)の現在の姿が3日、NHK「ニュースウオッチ9」で放送されたのだ。

 同番組では清原の逮捕をトップニュースとして報道。逮捕を受けて驚く街の声や球界の反応などを放送する一方で、ダルクでボランティアスタッフとして働く田代に取材を実施し、そのVTRを放送した。

 田代は自身が回復の途上であるとして他人のことを言える立場にはないとしつつ、「(薬物には)寂しさとか孤独とか最初はそこから入るけど、1回やってしまうと次に次にという気持ちが勝ってしまう」と、自らの体験を踏まえつつ説明。「今回で辞められると心に誓うけど、それでも負けてしまうのが薬の魔力」と、その恐ろしさを語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る