逮捕直前は六本木浸り…清原容疑者の“行きつけ”を直撃取材

公開日:  更新日:

 清原和博容疑者(48)の逮捕にかける警視庁の執念は凄まじく、2年以上前から組織犯罪対策第5課の捜査員は、行きつけのサウナにまで潜入し行動確認していた。このサウナには暴力団関係者なども出入りしていることから、薬物の入手経路がないか探っていたのかもしれない。

 お気に入りのサウナは港区の清原容疑者の自宅から車で10分の距離にあり、清原本人のブログにも頻繁に登場していた。〈これからサウナ 一汗かいて水風呂に入り準備するで〉(今年1月7日付)、〈信号が変わっても気付かず後の車にクラクション サウナに駆け込む〉(1月31日付)といった具合だ。飲んだ帰りや、二日酔いの翌日、汗をかいて“デトックス”するのが日課だったようだ。

「このサウナでは3年前、ジャニーズのタレントが脱水症状で倒れて救急搬送されたことがあります。有名人が集う『不夜城』として有名です」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る