逮捕直前は六本木浸り…清原容疑者の“行きつけ”を直撃取材

公開日: 更新日:

 清原和博容疑者(48)の逮捕にかける警視庁の執念は凄まじく、2年以上前から組織犯罪対策第5課の捜査員は、行きつけのサウナにまで潜入し行動確認していた。このサウナには暴力団関係者なども出入りしていることから、薬物の入手経路がないか探っていたのかもしれない。

 お気に入りのサウナは港区の清原容疑者の自宅から車で10分の距離にあり、清原本人のブログにも頻繁に登場していた。〈これからサウナ 一汗かいて水風呂に入り準備するで〉(今年1月7日付)、〈信号が変わっても気付かず後の車にクラクション サウナに駆け込む〉(1月31日付)といった具合だ。飲んだ帰りや、二日酔いの翌日、汗をかいて“デトックス”するのが日課だったようだ。

「このサウナでは3年前、ジャニーズのタレントが脱水症状で倒れて救急搬送されたことがあります。有名人が集う『不夜城』として有名です」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る