逮捕直前は六本木浸り…清原容疑者の“行きつけ”を直撃取材

公開日: 更新日:

 清原和博容疑者(48)の逮捕にかける警視庁の執念は凄まじく、2年以上前から組織犯罪対策第5課の捜査員は、行きつけのサウナにまで潜入し行動確認していた。このサウナには暴力団関係者なども出入りしていることから、薬物の入手経路がないか探っていたのかもしれない。

 お気に入りのサウナは港区の清原容疑者の自宅から車で10分の距離にあり、清原本人のブログにも頻繁に登場していた。〈これからサウナ 一汗かいて水風呂に入り準備するで〉(今年1月7日付)、〈信号が変わっても気付かず後の車にクラクション サウナに駆け込む〉(1月31日付)といった具合だ。飲んだ帰りや、二日酔いの翌日、汗をかいて“デトックス”するのが日課だったようだ。

「このサウナでは3年前、ジャニーズのタレントが脱水症状で倒れて救急搬送されたことがあります。有名人が集う『不夜城』として有名です」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る