月96件の“中毒状態” 清原容疑者の情緒不安定ブログの中身

公開日: 更新日:

 2日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された清原和博容疑者(48)。一昨年3月に薬物疑惑が報じられた後は、警視庁の内偵捜査が進む中、昨年11月に始めた自身のブログを頻繁に更新。今年1月には1カ月で96件もの記事をアップするなど、こちらも“中毒状態”だった。

 例えば、1月19日には飲食店で他の客とトラブルになったことを報告。笑いながら指をさされたことに、「完全に頭の中でブチキレる(中略)完全乱闘モード」とつづり、素手で灰皿を叩き割ったと興奮気味に書いた。

 かと思えば、

【昨日は久しぶりに息子と3人でご飯を食べた その後 ひとしきり泣いた 息子が使ってたグラブを見て 今日も1日 生きよう】

 などと、前妻が親権を持つ2人の息子への思いのほか、野球への愛情、認知症の施設に入所しているという母への心情をセンチメンタルにしたためることも多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る