タニマチ逃げて“無一文” 清原容疑者「自己破産」の現実味

公開日: 更新日:

 5年前に個人事務所「オフィスキヨハラ」を設立。清原容疑者がパチンコの営業やCM出演で稼ぎ、月300万~500万円ほどの収入があったとされるが、覚醒剤に手を染めていた清原容疑者が、きちんと法人税を納めていたのかどうか。少なくとも、昨年分の納税義務が今後生じる。国税OBの税理士が語る。

「清原容疑者のように世間を大きく騒がす事件が起きると、税務署は会社の経理状況を一から洗い直す。彼の場合は銀座で一晩に100万円を使っていたとか、ハデな散財が報じられているのでなおさらでしょう。仮にこうした散財が経費として認められなければ、多額の追徴課税を受けることになります。もし、追徴額が2000万円ならば、5年前までさかのぼれば1億円。悪質と判断され重加算税も加われば、場合によっては2億円近い納税の義務が生じることになります」

 自己破産に詳しい「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る