嘘と矛盾だらけの証言 清原シャブ裁判「6つの疑念」<上>

公開日: 更新日:
初公判では終始小声だった(C)日刊ゲンダイ

1.覚醒剤の使用時期

 覚醒剤取締法違反で逮捕・起訴された清原和博被告(48)は、昨17日の初公判で懲役2年6カ月を求刑された。起訴内容を「間違いありません」と認めた清原は、「プロ野球を目標とする少年たちに申し訳ない」などと涙ながらに謝罪。紺のスーツをまとった大きな体を何度も震わせ、嗚咽を漏らした。「…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る