相次ぐ誤報に風評被害まで 高知東生「薬物逮捕」の“余波”

公開日: 更新日:

「高島さんは、本当に何も知らなかったのか」という臆測まで流れている。

 女優・高島礼子(51)の夫で元俳優の高知東生容疑者(51)の覚醒剤・大麻事件。記者会見した高島は「まったく気づきませんでした。クスリ関係のことが起こるなんて、想像したこともない」とし、夫の裏切りによって厚労省関東信越厚生局の麻取から事情聴取され、尿検査まで受けた悲劇の妻となっているが、麻取の捜査、内偵も本当に知らなかったのか。

 週刊誌の芸能記者がこう言う。

「今回の逮捕に至るまで、麻取は相当の情報を得て周到な捜査をしている。高知の周辺、ごく近いところからも情報を得ていたとみても、不思議ではないと思うんです」

 ベッキー不倫騒動、清原覚醒剤逮捕に続き、マスコミが色めき立つ大事件である。お茶の間の関心をも集める格好のネタとあって、スポーツ各紙が連日1面で報じ、ワイドショーは朝から晩まで特集を組んでいる。結果として、ネタ探しに奔走する記者が勇み足を連発しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る