相次ぐ誤報に風評被害まで 高知東生「薬物逮捕」の“余波”

公開日: 更新日:

「高島さんは、本当に何も知らなかったのか」という臆測まで流れている。

 女優・高島礼子(51)の夫で元俳優の高知東生容疑者(51)の覚醒剤・大麻事件。記者会見した高島は「まったく気づきませんでした。クスリ関係のことが起こるなんて、想像したこともない」とし、夫の裏切りによって厚労省関東信越厚生局の麻取から事情聴取され、尿検査まで受けた悲劇の妻となっているが、麻取の捜査、内偵も本当に知らなかったのか。

 週刊誌の芸能記者がこう言う。

「今回の逮捕に至るまで、麻取は相当の情報を得て周到な捜査をしている。高知の周辺、ごく近いところからも情報を得ていたとみても、不思議ではないと思うんです」

 ベッキー不倫騒動、清原覚醒剤逮捕に続き、マスコミが色めき立つ大事件である。お茶の間の関心をも集める格好のネタとあって、スポーツ各紙が連日1面で報じ、ワイドショーは朝から晩まで特集を組んでいる。結果として、ネタ探しに奔走する記者が勇み足を連発しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る