• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相次ぐ誤報に風評被害まで 高知東生「薬物逮捕」の“余波”

「高島さんは、本当に何も知らなかったのか」という臆測まで流れている。

 女優・高島礼子(51)の夫で元俳優の高知東生容疑者(51)の覚醒剤・大麻事件。記者会見した高島は「まったく気づきませんでした。クスリ関係のことが起こるなんて、想像したこともない」とし、夫の裏切りによって厚労省関東信越厚生局の麻取から事情聴取され、尿検査まで受けた悲劇の妻となっているが、麻取の捜査、内偵も本当に知らなかったのか。

 週刊誌の芸能記者がこう言う。

「今回の逮捕に至るまで、麻取は相当の情報を得て周到な捜査をしている。高知の周辺、ごく近いところからも情報を得ていたとみても、不思議ではないと思うんです」

 ベッキー不倫騒動、清原覚醒剤逮捕に続き、マスコミが色めき立つ大事件である。お茶の間の関心をも集める格好のネタとあって、スポーツ各紙が連日1面で報じ、ワイドショーは朝から晩まで特集を組んでいる。結果として、ネタ探しに奔走する記者が勇み足を連発しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る