• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相次ぐ誤報に風評被害まで 高知東生「薬物逮捕」の“余波”

「高島さんは、本当に何も知らなかったのか」という臆測まで流れている。

 女優・高島礼子(51)の夫で元俳優の高知東生容疑者(51)の覚醒剤・大麻事件。記者会見した高島は「まったく気づきませんでした。クスリ関係のことが起こるなんて、想像したこともない」とし、夫の裏切りによって厚労省関東信越厚生局の麻取から事情聴取され、尿検査まで受けた悲劇の妻となっているが、麻取の捜査、内偵も本当に知らなかったのか。

 週刊誌の芸能記者がこう言う。

「今回の逮捕に至るまで、麻取は相当の情報を得て周到な捜査をしている。高知の周辺、ごく近いところからも情報を得ていたとみても、不思議ではないと思うんです」

 ベッキー不倫騒動、清原覚醒剤逮捕に続き、マスコミが色めき立つ大事件である。お茶の間の関心をも集める格好のネタとあって、スポーツ各紙が連日1面で報じ、ワイドショーは朝から晩まで特集を組んでいる。結果として、ネタ探しに奔走する記者が勇み足を連発しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る