元麻薬取締官に聞く 高知逮捕は警察へのマトリの対抗心か

公開日:  更新日:

 覚醒剤所持などの容疑で逮捕された元俳優の高知東生容疑者(51)。手柄を上げたのは、厚労省麻薬取締部の麻薬取締官だ。そういえば、ちょっと前に警視庁の組織犯罪対策5課が清原和博を逮捕したばかり。やはり同じ麻薬中毒者を追うライバル組織として、メンツや対抗意識はあったのか? 元厚生労働省麻薬取締官の高濱良次氏に聞いた――。

■マトリの約半数は薬剤師

 一般の人には少しややこしいが、薬物捜査は警察と厚労省麻薬取締部の2組織が行っている。後者の麻薬取締官は通称「麻薬Gメン」「マトリ」と呼ばれ、今回の高知逮捕で名を上げたのはコッチだ。

「まずマトリの特徴として挙げられるのが、約半数が薬剤師だという事実です。私も本業は薬剤師。警察は中毒者を逮捕するのを主な仕事としますが、我々はブツ(麻薬)を押さえ販売ルートを解明するのがメーンになります。とはいえ、世の中も変わってきてますので、最近は警察との垣根も低くなり、合同捜査も多くなりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る