自民前副大臣にも接触 高樹沙耶“事実婚相手”の政界人脈

公開日: 更新日:

 政界にも動揺が広がっている。大麻所持容疑で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)の同居人で、建設会社役員の森山繁成容疑者(58=同容疑で逮捕)は、所属する政治団体を通じて政治家との付き合いもあったという。

 知人によると、森山容疑者が医療用大麻などの解禁活動にのめり込むようになったのは10年ほど前。森山容疑者も所属する市民・政治団体「全国勝手連連合会」の関係者が明かす。

「5年ほど前、『医療用大麻解禁のため、大麻取締法第4条を廃止する活動をしたい』と入会しにきました。そのころからウチの名前を使って、政治家を呼んでパーティーを開くようになり、講師として大麻解禁を熱っぽく説いていました」

 今年7月の参院選(東京選挙区)に立候補した高樹容疑者を当選させるよう奔走したのも森山容疑者で、地元・大田区を中心に政界人脈を広げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る