自民前副大臣にも接触 高樹沙耶“事実婚相手”の政界人脈

公開日:

 政界にも動揺が広がっている。大麻所持容疑で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)の同居人で、建設会社役員の森山繁成容疑者(58=同容疑で逮捕)は、所属する政治団体を通じて政治家との付き合いもあったという。

 知人によると、森山容疑者が医療用大麻などの解禁活動にのめり込むようになったのは10年ほど前。森山容疑者も所属する市民・政治団体「全国勝手連連合会」の関係者が明かす。

「5年ほど前、『医療用大麻解禁のため、大麻取締法第4条を廃止する活動をしたい』と入会しにきました。そのころからウチの名前を使って、政治家を呼んでパーティーを開くようになり、講師として大麻解禁を熱っぽく説いていました」

 今年7月の参院選(東京選挙区)に立候補した高樹容疑者を当選させるよう奔走したのも森山容疑者で、地元・大田区を中心に政界人脈を広げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る