日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“日本一黒い”橋本梨菜 事務所NGも「一線越えたら大丈夫」

 グラドルといえば、スタイルが良くて白い肌というイメージがあるが、「日本一黒いグラドル」と呼ばれている橋本梨菜(23)が、6枚目となるイメージDVD「りなフェチ」(竹書房)の発売記念イベントを6日、秋葉原のソフマップアミューズメント館で開催した。

 今作ではセクシーな女教師に扮していて、「ちょっとヤンキーっぽい先生というかヤンチャな先生をやっています。見かけは眼鏡をかけていて清楚っぽいけど、服の中は赤い派手な下着を着ていたり。休日に生徒が家に遊びに来るシーンがあるんですけど、ヤンキー系の服装をしてて、これ完全に私が高校生の時に着ていたような服装です(笑い)」と語った。

 DVDでは蛍光色の水着を着用。「肌が黒いと蛍光色は人より映えて見えるので好きなんです。黒くなると最初はマネジャーに怒られましたけど、一線を越えるともう怒られないです。今では売りになりましたから。でもお尻だけは白いんですよ」と話した梨菜クン。黒白のセクシーコントラストはぜひ、自宅で確かめてください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事