連ドラで女忍者役 ベッキーに“由美かおる級”のお色気期待

公開日: 更新日:

 あのベッキー(34)がオンナ忍者に! 毎月第1・第2火曜20時「くノ一忍法帖 蛍火」(BSジャパン)に主演する。山田風太郎の原作を、映画「超高速!参勤交代」原作・脚本の土橋章宏が斬新にアレンジしたくノ一忍者活劇で、ベッキーはバテレンの母を生みの親にもつお螢(けい)を演じる。

「お螢は生娘で生真面目、正義感が強いという設定で、やっているのがベッキーだけにツッコミたくなる。ベッキーのことを『元気の押し売り』と言ったのは有吉弘行だが、まだこの路線でいけると思っているのか。『くノ一忍法帖』はお色気シーンが見どころですが、ベッキーに期待したのが間違いだった」(ドラマウオッチャー)

 同じBSジャパンでも土曜深夜の「逃亡花」は拾いモノだ。夫と警察官を殺した罪で起訴された女が逃亡し、犯人への復讐に情念を燃やすスリルとサスペンス満載のノンストップエンターテインメントで主人公・咲子を演じるのは蒼井そら(34)。犯人の手がかりは背中の能面の入れ墨だけ。夜の街に立ち、それらしき男に「私を買って」と声を掛けホテルに行き、背中の入れ墨を確認。夫とのエッチシーンもあり、ハスキーなあえぎ声がエロい。

 百戦錬磨のセクシー女優とベッキーを比べるのは気の毒だが、せめてベッキーは「水戸黄門」の由美かおる(67)を見習って入浴シーンを。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る