連ドラで女忍者役 ベッキーに“由美かおる級”のお色気期待

公開日: 更新日:

 あのベッキー(34)がオンナ忍者に! 毎月第1・第2火曜20時「くノ一忍法帖 蛍火」(BSジャパン)に主演する。山田風太郎の原作を、映画「超高速!参勤交代」原作・脚本の土橋章宏が斬新にアレンジしたくノ一忍者活劇で、ベッキーはバテレンの母を生みの親にもつお螢(けい)を演じる。

「お螢は生娘で生真面目、正義感が強いという設定で、やっているのがベッキーだけにツッコミたくなる。ベッキーのことを『元気の押し売り』と言ったのは有吉弘行だが、まだこの路線でいけると思っているのか。『くノ一忍法帖』はお色気シーンが見どころですが、ベッキーに期待したのが間違いだった」(ドラマウオッチャー)

 同じBSジャパンでも土曜深夜の「逃亡花」は拾いモノだ。夫と警察官を殺した罪で起訴された女が逃亡し、犯人への復讐に情念を燃やすスリルとサスペンス満載のノンストップエンターテインメントで主人公・咲子を演じるのは蒼井そら(34)。犯人の手がかりは背中の能面の入れ墨だけ。夜の街に立ち、それらしき男に「私を買って」と声を掛けホテルに行き、背中の入れ墨を確認。夫とのエッチシーンもあり、ハスキーなあえぎ声がエロい。

 百戦錬磨のセクシー女優とベッキーを比べるのは気の毒だが、せめてベッキーは「水戸黄門」の由美かおる(67)を見習って入浴シーンを。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る