連ドラで女忍者役 ベッキーに“由美かおる級”のお色気期待

公開日:

 あのベッキー(34)がオンナ忍者に! 毎月第1・第2火曜20時「くノ一忍法帖 蛍火」(BSジャパン)に主演する。山田風太郎の原作を、映画「超高速!参勤交代」原作・脚本の土橋章宏が斬新にアレンジしたくノ一忍者活劇で、ベッキーはバテレンの母を生みの親にもつお螢(けい)を演じる。

「お螢は生娘で生真面目、正義感が強いという設定で、やっているのがベッキーだけにツッコミたくなる。ベッキーのことを『元気の押し売り』と言ったのは有吉弘行だが、まだこの路線でいけると思っているのか。『くノ一忍法帖』はお色気シーンが見どころですが、ベッキーに期待したのが間違いだった」(ドラマウオッチャー)

 同じBSジャパンでも土曜深夜の「逃亡花」は拾いモノだ。夫と警察官を殺した罪で起訴された女が逃亡し、犯人への復讐に情念を燃やすスリルとサスペンス満載のノンストップエンターテインメントで主人公・咲子を演じるのは蒼井そら(34)。犯人の手がかりは背中の能面の入れ墨だけ。夜の街に立ち、それらしき男に「私を買って」と声を掛けホテルに行き、背中の入れ墨を確認。夫とのエッチシーンもあり、ハスキーなあえぎ声がエロい。

 百戦錬磨のセクシー女優とベッキーを比べるのは気の毒だが、せめてベッキーは「水戸黄門」の由美かおる(67)を見習って入浴シーンを。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る