D・ロッドマン“断酒宣言”に早くも「いつまで続くか」の声

公開日:  更新日:

 過去に何度もアルコールで問題を起こし、先月14日には飲酒運転で逮捕された元NBAの大スター、デニス・ロッドマン(56)がついに断酒を決意した。

 釈放後、ロッドマンはすぐにニュージャージー州にあるリハビリ施設に入院。1カ月の治療を受けて出てきたばかりの心境を、19日付のニューヨークポスト紙(電子版)にこう語っている。

「子どもの成長が見たいんだ。とにかくパーティー騒ぎをやめて、一歩引いて、人生を立て直さないとね。息子のDJは高校のバスケのスター選手で、NBAを目指している。娘のトリニティーはサッカー女子の米国代表になりそうなんだ」「シラフになると稼ぎは悪くなるかもしれないな。みんなが求めているのはクレイジーで奇抜なデニスで、クランベリージュースを飲んでいるデニスじゃないもんな」

 逮捕後に「17年間、アルコール依存症だった」と明らかにしたロッドマンは今、アルコール依存症の相互援助グループ「AA」の集会にも定期的に出席している。また「シラフで子どもたちと一緒にいる父親」としてのロッドマンを描くドキュメンタリー風のドラマも制作される予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る