橋本マナミ 体当たり艶演技で狙う“官能レトロ女優”の座

公開日:

「国民的愛人」のキャッチフレーズで活躍の場を広げているタレントで女優の橋本マナミ(33)。25日公開の映画「光」(大森立嗣監督、ファントム・フィルム配給)では世のオトーサンら待望の濡れ場に挑み、存在感を放っている。

 同作品は直木賞作家・三浦しをんの同名小説を原作としたサスペンスドラマ。25年前に犯した殺人事件、そして逃れることのできない運命に翻弄される幼なじみ3人のいびつな愛情を描いている。

 過酷なストーリーを象徴するかのように、冒頭から耳をつんざくようなテクノミュージックがガンガン流れ、ただならぬ展開を想起させるのだが、映画批評家の前田有一氏は「前衛的で、オーソドックスな作品では飽き足らない人にはもってこい。描写やセリフ、登場人物の心情ひとつとっても無駄な説明は一切なく、見る人に委ねるつくり。大森監督の感性が光る一本」と評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る