• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋本マナミ 体当たり艶演技で狙う“官能レトロ女優”の座

「国民的愛人」のキャッチフレーズで活躍の場を広げているタレントで女優の橋本マナミ(33)。25日公開の映画「光」(大森立嗣監督、ファントム・フィルム配給)では世のオトーサンら待望の濡れ場に挑み、存在感を放っている。

 同作品は直木賞作家・三浦しをんの同名小説を原作としたサスペンスドラマ。25年前に犯した殺人事件、そして逃れることのできない運命に翻弄される幼なじみ3人のいびつな愛情を描いている。

 過酷なストーリーを象徴するかのように、冒頭から耳をつんざくようなテクノミュージックがガンガン流れ、ただならぬ展開を想起させるのだが、映画批評家の前田有一氏は「前衛的で、オーソドックスな作品では飽き足らない人にはもってこい。描写やセリフ、登場人物の心情ひとつとっても無駄な説明は一切なく、見る人に委ねるつくり。大森監督の感性が光る一本」と評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事