ピエール瀧容疑者への“処方箋”薬物依存治療の専門家が語る

公開日: 更新日:

 ミュージシャンのピエール瀧(51)の逮捕は彼自身の評価が一様に“いい人”だった意外性が衝撃を与えた。そんな瀧が日本で馴染みのなかったコカインに手を染めた背景と今後の治療方針について、約20年間薬物を含めた依存症治療に携わってきた大森榎本クリニックの精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

■「見た目は普通、外見ではわからない」

 ピエール瀧の所属する音楽ユニット・電気グルーヴは日本でテクノというジャンルを一般的にした功績は大きく、瀧はNHK大河ドラマ「いだてん」のみならず、数多くの作品に起用されるなど親しまれる存在だった。それだけにショッキングだったわけだが、「今、薬物相談に来る方はもはや見た目ではわからない普通の人」と斉藤氏は語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る