城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

昔は“直”と呼ばれ…芸能人の闇営業は業務上横領に近い行為

公開日: 更新日:

 “闇営業”という言葉が世の中に大きく知らしめられた。カラテカ入江慎也(42)が2014年に振り込め詐欺グループの忘年会に事務所を通さずに参加したことが報道され、その場に雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)らも、入江の仲介で同席したことが明らかにされた。

 当時、1人当たり100万円程度のギャラが支払われ、入江が受け取ったとされている。ただし、宮迫や田村らは入江に頼まれて顔を出しただけで、金銭は受け取っていないとしている。

 もちろん、振り込め詐欺グループの会に参加するというのは、「知らなかった」としても完全にNGであり、入江は所属する吉本興業との契約を解消となった。“クビ”ということだ。

 大手プロのベテランのマネジャーによると、「闇営業という言葉は、最近の若手芸人などが使っていて、昔は『直(ちょく)』と呼ばれていた。事務所を通さないで仕事を受け、領収書も出さずに通常のギャラより割安で営業するのです」ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る