城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

柔和だった田口淳之介が3年前に見せた“理解不能”な状態

公開日: 更新日:

 元KAT―TUNの田口淳之介容疑者(33)と小嶺麗奈容疑者(38)が大麻取締法違反の所持容疑で逮捕されて10日が経った。2人が暮らしていた自宅から乾燥大麻数グラムと吸煙関連器具が押収されたという。自宅に踏み込んでの検挙だから、関東信越厚生局麻薬取締部は絶対に自宅にあるという確信がある状態だったはず。ということは、かなり以前からマークされての逮捕劇だったということだ。

 僕は田口容疑者がまだグループにいる頃に、何度か取材で顔を合わせたことがある。個性的なメンバーがいて派手な印象の残る取材の中、田口容疑者だけは、何というか、ホワンとした柔和な笑顔の、どちらかというと、明るくておとなしいイメージが残っている。大麻などの違法なものに関わっているなどとはまったく感じなかっただけに、今回の逮捕は少なからず驚きだった。

 その後の取り調べの中で、大麻は10年ほど前から使用していたと明らかにしたと報じられている。小嶺容疑者との交際がささやかれて程なくといった時期であり、彼がいたKAT―TUNが東京ドームで8日間連続満員のコンサートをやった輝かしい頃でもあるからショックだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る