てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

とろサーモン久保田の凄み マイナス思考と底辺生活の経験

公開日: 更新日:

「『M―1』は作品じゃ勝てない。生きざまで勝て」(久保田かずのぶフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」2月3日)

「M―1グランプリ」(テレビ朝日)決勝で共に戦ったジャルジャルと、とろサーモン。ジャルジャルは松本人志から最高得点を獲得するなど一部でそのネタの完成度が高く評価されたが、結果は6位。優勝したとろサーモンの久保田かずのぶ(38=写真右)がジャルジャルに言い放った言葉を今週は取り上げたい。

 久保田といえば、まさにその生きざま――クズっぷりが注目される芸人だ。それは、芸人への第一歩を踏み出したときから発揮された。受験すれば、ほぼ全員が合格するという吉本興業の養成所「NSC」の入試に落ちたのだ。面接で目立とうとして他の受験者への質問にボケで答えたためだった。そのため、相方の村田秀亮(同左)より1年遅れてNSCに入ることになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  8. 8

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る