てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

とろサーモン久保田の凄み マイナス思考と底辺生活の経験

公開日: 更新日:

「『M―1』は作品じゃ勝てない。生きざまで勝て」(久保田かずのぶ/フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」2月3日)

「M―1グランプリ」(テレビ朝日)決勝で共に戦ったジャルジャルと、とろサーモン。ジャルジャルは松本人志から最高得点を獲得するなど一部でそのネタの完成度が高く評価されたが、結果は6位。優勝したとろサーモンの久保田かずのぶ(38=写真右)がジャルジャルに言い放った言葉を今週は取り上げたい。

 久保田といえば、まさにその生きざま――クズっぷりが注目される芸人だ。それは、芸人への第一歩を踏み出したときから発揮された。受験すれば、ほぼ全員が合格するという吉本興業の養成所「NSC」の入試に落ちたのだ。面接で目立とうとして他の受験者への質問にボケで答えたためだった。そのため、相方の村田秀亮(同左)より1年遅れてNSCに入ることになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る