てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

とろサーモン久保田の凄み マイナス思考と底辺生活の経験

公開日:

「『M―1』は作品じゃ勝てない。生きざまで勝て」(久保田かずのぶ/フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」2月3日)

「M―1グランプリ」(テレビ朝日)決勝で共に戦ったジャルジャルと、とろサーモン。ジャルジャルは松本人志から最高得点を獲得するなど一部でそのネタの完成度が高く評価されたが、結果は6位。優勝したとろサーモンの久保田かずのぶ(38=写真右)がジャルジャルに言い放った言葉を今週は取り上げたい。

 久保田といえば、まさにその生きざま――クズっぷりが注目される芸人だ。それは、芸人への第一歩を踏み出したときから発揮された。受験すれば、ほぼ全員が合格するという吉本興業の養成所「NSC」の入試に落ちたのだ。面接で目立とうとして他の受験者への質問にボケで答えたためだった。そのため、相方の村田秀亮(同左)より1年遅れてNSCに入ることになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る