芸人が告白…カラテカ入江“闇営業”問題でお笑い界は大混乱

公開日: 更新日:

 カラテカ入江慎也(42)の“闇営業”仲介による契約解除騒動は一向に収まる気配がない。詐欺グループの忘年会とは知らず、金銭も受け取っていないものの入江に声をかけられ、詐欺グループ開催の忘年会に参加したと口を揃える雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら出席者に対し、ダウンタウン松本人志(55)は9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜10時)で「正直言うと、僕はですよ、ないと思いますね。何らかのお金は多分出ているとは思う」と持論を展開。入江以外の出席者の処分については、「吉本興業が決めること」と明言を避けたが、今回の一件は4年半前、14年12月に行われた案件がマスコミに報じられたことを受けての事態である。

 同事務所に所属する一部の芸人たちは行く末を固唾をのんで見守っているという。

 中堅芸人のひとりがこう漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る