井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

上原多香子「母の日」騒動 最後はプロレスができるかどうか

公開日: 更新日:

 勇ましく大見えを切ったものの、場のコントロールも事態収拾のシナリオを描くこともできない。上原多香子の炎上騒動に割って入った夫のコウカズヤは、感情的になって大暴れし状況を悪化させただけで、炎上を鎮めるどころか、自分が所属する劇団を辞めるハメになる。

 上原が起こした炎上に直接関係のない劇団が、コウの「SNSでの発言」について「心よりお詫び申し上げます」と謝罪していることからは、騒動の影響で退団が避けられなかった様子が見て取れる。いくら家族を守るためとはいえ、炎上させているネットユーザーを小バカにし、言いたい放題に罵詈雑言を投稿されては、さすがにとがめ立てするしかない。

 劇団そのもののレピュテーションリスクを念頭に、炎上の動向を静観した後にコウを切ったのだとすれば、組織防衛の観点からは、むしろやむを得ないこととして受け入れられる。炎上商法と言うように、炎上させているネットユーザーはうっとうしい敵であっても、傍観しているやじ馬ともども、同時に宣伝の対象となる母集団であり、ネガティブとはいえ興味をもって情報を集めている有望な潜在顧客でもある。徹底的にやり合うよりは、方法はどうあれ、どこかの段階でソフトランディングさせるに越したことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る